臨床薬剤師は、薬剤師であるとともに製薬会社で薬の研究を行っている人のことです。通常の薬剤師よりも専門的な知識を求められることが多いのが特徴です。 このような薬剤師は通常の薬剤師に比べてやりがいがある仕事であるという人もいます。このような国家資格があるわけではありません。 この業務の内容については、薬剤の投与設計を担当することが多いようです。薬剤の投与設計は、患者から得られた血中濃度のデータを基にして効果がある血中濃度を設定します。

臨床薬剤師の業務について、効果がある血中濃度を設定してから患者への薬の投与量を計算します。それを医者に助言することが業務のひとつになっています。 また入院患者に対しての服用する薬の説明や服薬の指導なども業務のひとつです。この仕事の性質上、この求人数については数が少ないのが特徴です。 このような仕事を探している場合には、インターネット上での専門のサイトを活用することが必要です。数が少ない求人ですが、これらを活用することで探すことができるかもしれません。

臨床薬剤師について、働く場所としては大学病院や医療研究機関、がんセンターなどがあります。気になるところとしては、年収になります。通常の薬剤師と比べると違いがあるのでしょうか。 これについては、海外については1000万円程度といわれています。これに対して国内については500万円程度といわれています。 この仕事は高度な知識が要求されるのですが、そのわりに給与はあまり高くないといえます。このような薬剤師は、調剤を行うことは少なく、大学院で学んだ人がこのような業務に就くことが多いです。