臨床薬剤師になるための教育と仕事

臨床薬剤師という職業の方がいることをご存知でしょうか。
臨床薬剤師とは、アメリカが発祥の職業であり、
英語でClinical pharmacistと表記されている職業の人です。
アメリカで臨床薬剤師となるためには、薬学部で定められた教育を受け卒業したのち、
実際の現場で腫瘍や感染症、老年医療、小児医療などの研修を
決められた期間受けなくてはならないことになっています。
薬学に関する臨床と適切な知識を身に付けることにより働くことができます。

日本では、臨床薬剤師は調剤業務のほか患者さんに対して適切な服薬指導を行ったり、
患者に処方されている薬により副作用が起きないかをチェックしたりしており、
薬品の管理業務や調剤という通常の薬剤師の業務に加え、
豊富な臨床知識を備え深く医療に携わることになっています。
研究機関や大学病院など比較的規模の大きな医療機関で活躍していることが多く、
医療の最前線で患者さんと向き合うことの多い、
薬事に関するプロフェッショナルのような存在となっています。

日本では、臨床薬剤師となるために
特別な国家試験を受験し資格や認定を受ける必要はありません。
薬剤師になるために薬学部で適切な教育を受け学校を卒業し、
実践の中などで専門的な知識や臨床の知識を獲得していくこととでなることができます。
臨床薬剤師として働いている多くの人は、
薬学部卒業後に大学院で教育を受け修士や博士号を取得しているようで、
臨床薬剤師として働くことを目指す人は大学院へ進学することが多くなっています。