米国の臨床薬剤師の業務を留学で学ぶには

米国の臨床薬剤師の業務を学ぶには留学するのが一番の近道です。
まず、米国の臨床薬剤師の業務は、日本とは大きく異なっています。
まずは、調剤業務のような薬剤師としての基本業務は、テクニシャンと呼ばれる人たちが行います。
薬剤師が行うのはもっぱら監査業務で、より専門的な知識が必要とされる部分に重点をおいています。
さらに、基本業務である調剤をやらなくてよい分、
より患者さんの薬物治療への参画に特化した業務を行っています。

米国臨床薬剤師が日本の薬剤師と最も異なる点としては、医師の処方への介入という点です。
医師が処方した内容について、薬剤師が同意しなければ薬が調剤されることはありません。
医師と薬剤師が薬物治療についてコンセンサスを得ていないとならないわけですが、
薬物治療で問題があった場合の責任も、医師と薬剤師では全く同じ責任が問われます。
従って、日本薬剤師と異なり、米国の臨床薬剤師は非常に高収入です。
この辺も留学で経験すると非常に勉強になります。

臨床薬剤師として留学するために、一番の近道は、
留学生を送り出している大学の研究室に所属することです。
大学院生としてだけではなく、研究生として所属するという方法もあります。
その他にも、学会や薬剤師会のような職能団体も、留学を支援していますので、
ホームページや学会誌、雑誌をチェックするとその内容を確認することができます。
いずれにしても、海外の臨床薬剤師の業務を学ぶということは非常に高いスキルが要求されますので、
現状では留学は狭き門となっています。