薬剤師の一つである臨床薬剤師の役割

薬剤師の一つである臨床薬剤師の役割というものをご紹介します。
薬剤師は専門分野により役割が細分化されています。薬剤師はいくつかに枝分かれしています。
その中の一つに臨床薬剤師と呼ばれる薬剤師がいます。
臨床薬剤師は、薬剤師であると同時に研究機関で薬の研究を行う人でもあります。
これが薬剤師の一つである臨床薬剤師の役割でもあります。
薬の研究を行うので重病の新薬開発にも携わります。
ですから薬剤師の一つである臨床薬剤師の役割は大きいのです。

臨床薬剤師の主な業務としては、
薬物療法のプラン、つまり患者さんに対して有効な薬物投与の計画を立てることや、
患者さんに対して薬物の専門的な説明などをすることです。
ですから臨床薬剤師は一般的な薬剤師としての仕事ではなく、
専門的な知識が要求される高度な役割を果たしているのです。
例えば癌などの思い病気に対して、外科手術などの治療ではなく、内科治療を行う際に、
治療に関する計画を細かく立てて実行に移すという役割も担っているのです。

病院内において臨床薬剤師の役割はとても大きいのです。
臨床薬剤師は、特に内科との連携によって患者さんと接することが多いという特徴があります。
その中で臨床薬剤師には次のような役割もあります。
それは、重病で完治する見込みの少ない患者さんに対して、
完治を目指す為の治療を行わずに
出来るだけ負担の少ない日常を送ってもらう事を目的とした治療を行うという役割です。
このように、臨床薬剤師は患者さんの生死に関わる重大な役割も担っているのです。