薬剤師を越える臨床薬剤師の研究

本稿は、薬剤師という職種を飛び越え、
臨床薬剤師として某大手製薬会社に勤務する筆者の回顧録について記述しています。
業務内容等を中心に記事を構成しております。
基本的に臨床薬剤師の仕事は、他の研究機関と同様に、薬学に係わる種々の研究を行い、
現代薬学の発展にもって寄与することを目的として行われております。
筆者は国外の大学でいわゆる学士の学位を取得し、日本に帰国後は国内の大学院に進学し、
博士後期課程で薬学の博士を取得しています。

一般的な大学等の研究機関に就職も考えたのですが、大学で教鞭を振るうことよりも、
一般企業の研究機関に勤務し、実用的な製品開発に直結するような研究を行いたかったので
この分野での就職活動を行いました。
薬剤師に比して、臨床薬剤師の業務内容はその性質上、研究にとどまります。
各方面の最新のジャーナルを日々チェックし、先行研究の見地をもとに新たな問題点を指摘し、
臨床的な実験の成果を論理的に考察することで学会に発表します。

ですので、一般的な薬剤師がドラッグストアなどで一般のカスタマーを相手にする場合があるのに対して、
われわれ臨床薬剤師は主に研究雑誌を相手にすることが多いです。
ですので、業績をあげるにはよりよい効果的な研究内容を権威ある学会に発表し、
その上で論文という形で世に出版することになります。
基本的には国際学会などの世界的に権威ある学会への論文投稿を意識して研究を進めますので、
役に立つ研究というよりは受理されやすい妥当なものを選びます。