薬剤師の中でも臨床薬剤師は、がん治療にも大きな役割を果たします

臨床薬剤師とは、薬剤師であると同時に製薬会社で薬の研究を行っている人のことを指します。
臨床薬剤師の主な業務は、薬物療法の投薬設計を行ったり、
入院患者に対して投与する薬の説明を行うなどといった仕事があります。
特に投薬設計においては、患者の薬物血中濃度データをもとに、
最小の副作用で最大の効果が得られる血中濃度を割り出し、
患者への薬物投与量を計算して医師に助言するという重要な役割を果たします。
完治の見込みのない、がんなどの重い病気の患者に対して、
内科的処方を行っていく場合の投薬設計も臨床薬剤師が担います。

臨床薬剤師は、薬剤師としての通常業務である調剤を行うことはあまりなく、
より実践的な医療と関わるため、高度な専門知識が必要となります。
そのため、大学院で修士以上の資格を得た人が就業することが多いようです。
職場としては、大学病院や医療研究機関、がんセンターなどの専門施設で働く人も多くみられます。
医療機関において、臨床薬剤師が担う役割は大きく、
特に内科医師との連携によって、多くの患者と接する仕事が多くなります。

末期がんなど、完治の見込みのない患者に対して、患者の心身に負担をかける治療を行わず、
残りの人生を人間らしくより充実したものとするために、
痛みを和らげる投与を行うのも臨床薬剤師の重要な仕事です。
どのような薬を、どのように投与していくことがその患者にベストなのか。
そういった患者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を高める内科的処方を
患者一人一人と向き合いながら考えるのも臨床薬剤師の役割で、
そのあたりが一般的な薬剤師の仕事と大きく違う点でもあります。