治験の現場で働く臨床薬剤師

薬剤師の一般的なイメージというと
薬局や病院で処方箋に従って薬を処方する仕事ではないでしょうか。
確かに薬剤師を目にするとなればそういう場所が多いです。
しかし、今日薬剤師の仕事も専門性に特化して細分化されつつあります。
そのひとつが臨床薬剤師と呼ばれています。
臨床薬剤師は、私たちの知っている薬剤師としての知識と技術を持っています。
しかし、それを薬の処方ではなく、製薬会社や研究機関での薬の開発等特殊な現場で発揮するのです。

ただし、資格としては臨床薬剤師という仕事があるわけではなく、
薬剤師の資格保有者ならば誰でも目指すことは出来ますし、
実際普通の薬剤師から臨床薬剤師にキャリアアップをした人は多いです。
臨床薬剤師は製薬会社や研究機関では前述のように薬の開発を、
大学病院など大規模な病院では入院患者に対して投与計画を立てたり薬の説明をしたりします。
しかしながら、薬の開発といえど、薬剤師という職分であるのでメインで行えません。
なぜなら、薬の実効性を確かめる治験における薬の投与や血液検査は医師の仕事だからです。

つまり、治験においての臨床薬剤師は治験を行う医師などのサポートであるのです。
治験では臨床薬剤師は治験を受ける患者の診察に同席する、服薬指導をする、
ほかに薬を使っていないか確認するといったことです。
そういうわけで薬剤師としての知識、技術はもちろんのこと、
新薬開発を円滑に行うために患者とのコミュニケーション能力が高くないと
成果を出すことは難しいといえます。
臨床薬剤師を目指すならば
薬科大学大学院以上の高度な知識・技術を習得している人の割合が多いので、
その勉強中にもコミュニケーション能力を磨くことです。