臨床薬剤師、医療機関について

臨床薬剤師、医療機関について私が感じたことをお話します。
私は長年病院で看護師として勤務してきました。
その看護師として医療機関の臨床薬剤師の役割について、私が思っている範囲でお話します。
医療機関の臨床薬剤師は、主に薬剤関連を行なっています。
薬剤関連とは、注射の調剤や内服薬の調剤です。
入院患者さんのものと、外来患者さんのものを調剤しています。
外来患者さんの内服薬は一部、院外処方といって薬局で行なうこともあります。

注射業務は、注射のボトルや注射液を病棟や、外来に届けます。
多くの注射薬は看護師や医師が最終的に調剤して、患者さんに投与します。
一部の注射薬に関して、たとえば抗がん剤など、薬剤師の専門知識を必要とするものに関しては、
最近では薬剤師が調合する場合もありだしています。
このように、医師や看護師が以前行なっていたことを薬剤師が行なうようになってきています。
この点に関しては、看護師としては大変助かっていました。

また、薬剤師が行なうようになってきていることに入院患者さんに対しての薬剤指導があります。
薬剤指導というのは、患者さんが内服している薬について薬剤師が持っている専門知識を生かして、
説明や指導を行なうというものです。
患者さんからもわかりやすいと、たいへん評判でした。
また、患者さんがわかりにくい薬に関しては表にしてくれたり、
薬の写真つきの説明書を作成してくれて、患者さんへの指導が十分になされたことは、
いいことだと思っています。