臨床薬剤師、就職について

臨床薬剤師、就職について私が思っている内容をお話します。
私は医療医療機関で長年、働いていました。臨床薬剤師とも、チームを組んで働いていました。
病院では、臨床薬剤師がとても重要な役割を果たしています。
入院患者さんの、内服薬や注射の払い出しを行なっています。
また、内服薬に関しては調剤を行い、
直接、入院患者さんへの配薬を臨床薬剤師が行なっている病院もあると聞いたことがあります。
注射に関しても調剤業務もあるのです。

このように、臨床薬剤師は病院にとって、なくてはならない重要なスタッフなのです。
入院患者さんへの内服指導も臨床薬剤師が行なっています。
以前は、看護師が行なっていました。
臨床薬剤師が専門的な知識を持って行なうことが入院患者さんにとってもいいと考えます。
患者さんに、より専門的なアドバイスができるからです。
また、抗がん剤の調剤など、医師や看護師が行なっていたことも、
最近では、臨床薬剤師が行なうようになってきました。

病院では臨床薬剤師の就職は大いに歓迎しています。
私の働いていた病院は臨床薬剤師が新たに就職してくると、たいへん喜んでいました。
まだまだ不足しているからです。
ですから、多くの臨床薬剤師が、病院へ就職してくれることを望んでいます。
そして、入院、外来患者さんのために、
臨床薬剤師として指導や、調剤などを行なって頂きたいと思っています。
又、チーム医療の仲間として、薬剤に関することを一緒によりよいものを考えていきたいです。