臨床薬剤師の地位と大きな病院での活躍

臨床薬剤師は、一般の薬剤師の薬剤師としての専門知識に関して、
より深い専門知識を有しておく必要がある。その地位は一般の薬剤師の中でも高いほうである。
そして、薬剤師としての地位を上げる努力をしている医療業界も多数あって、
そこで臨床としての薬剤師を目指す薬剤師も多数いるであろう。
しかし、日本では臨床薬剤師を目指す学生さんに対する教育が遅れていたり、
受け入れる社会体制の隔たりがあって、臨床薬剤師としての地位が確立されていない。

大きな病院での患者さんが手術を受ける際に、
麻酔科などのさまざまな科の医師が手術に立ち会っているが、薬に関しての知識がない医師もいる。
その場合は、その病院で患者さんの手術を担当している医師と、
薬の知識を有している薬剤師が手術室に患者さんの手術中に常駐することになる。
手術の際に薬を使用する際に薬の知識のある薬剤師がいないと、
誤った薬の使用により、患者さんの命に関わるケースが出てくるからである。
薬剤師の知識が患者さんの命を救う。

それゆえに、手術の際に高度な知識を必要とする薬を取り扱う際には、
それなりに高度な薬の専門知識を有する臨床薬剤師の活躍が期待される。
薬全般に関して完全に網羅しており、手術の際に手術に必要な薬に関して、
一般の薬剤師がその薬の知識がなかったら、手術はできないのである。
日本の医療業界でも高度な薬を取り扱う薬剤師を育てる環境をもっと広げていくべきである。
薬剤師を目指す学生さんに対する教育ももっと大学側が徹底していくべきである。