大学病院や専門的な医療機関にいる臨床薬剤師

臨床薬剤師とは、一般的な薬剤師より専門的な知識を必要とします。
特に近年は、大学病院や専門的な医療機関で臨床薬剤師が働いています。
臨床薬剤師は、特別な国家資格を持っているわけではありません。
臨床薬剤師は、病院に入院している患者に対して薬の服用方法について詳細な説明をします。
大学の薬学部は4年制から6年制に変わりました。
6年制に変わったことにより、専門的な実習が増えてきています。
有能な臨床薬剤師が増えることが期待されています。

臨床薬剤師の業務は薬剤の投与を決めていくことが多くなっています。
まず、患者から得たデータを見ます。
薬によっては副作用があります。ですから薬物の血中濃度に注目して、
それぞれの患者に最適な薬剤の投与の量を割り出していくのです。
この割り出した薬剤の投与量を病院の医師に伝えるという役割があります。
臨床薬剤師は、重い病気の患者に対する内科的な処方をする場合でも、
薬剤の投与量を割り出していくことを担当しているのです。

臨床薬剤師は、重い病気に携わるというところから、
がんセンターのような専門的な医療機関を職場のひとつとします。
臨床薬剤師は専門的な知識を必要とすることから、研修を行っています。
研修は、より良い人材を確保するために行われています。
医療の技術は進化しています。医療の技術だけでなく、臨床薬剤師の質も高めていく必要があるのです。
研修を受けることによって、病院や専門的な医療機関で即戦力として期待されるのです。