薬剤師はこれから臨床薬剤師が主流で製薬会社は先行き不透明

薬学部が六年制に移行し薬剤師は臨床薬剤師となる進路が主流となることが今後予想されます。
薬学部卒業生の進路としては病院や薬局、製薬会社が中心となるが予想されますが、
薬剤師の六年制教育は臨床薬剤師になるための教育にかなりシフトしており、
製薬会社への進路がどうなるかは先行き不透明な状況です。
ただし製薬会社の開発や営業は四年制の薬学部を卒業生が進路選択するという道が残っているので
六年制は臨床薬剤師へ、四年制は製薬会社へ就職するというすみ分けがなされるかもしれません。

製薬会社で開発もしくは営業を担当するにあたっても臨床薬剤師としての経験は非常に有用ですが
六年制教育を受けた薬剤師がその道を積極的に選択するかどうかは疑問が残ります。
なぜならば、製薬会社で働く分には薬剤師の国家資格が不要だからです。
究極的には薬学部を卒業していなくても同様の業務ができる上に、
六年制の薬学部に通い国家資格まで有している薬剤師が、
四年制で卒業した学生と同じ進路では少し不公平感を感じてしまうかもしれません。

薬剤師の主な進路は病院や調剤薬局などの臨床薬剤師へとシフトしていく傾向が予想されますが、
それは薬学部が六年制に移行して薬学部教育がより臨床教育に重きをおいたカリキュラムとなったからです。
一方で製薬会社への進路ですが、主に開発は国立大学の博士課程卒業者が、
営業担当は四年制学部の卒業者が選択するということになる事が予想されます。
ただし6年制で培った臨床経験は、製薬会社でも非常に有用なスキルですので
それらが生かされるような状況になれば薬剤師の職能が広がるでしょう。